経営のヒント

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本マクドナルドが地域別の価格

<<   作成日時 : 2007/06/12 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ファーストフードの最王手、日本マクドナルドが地域別の価格導入を発表しました。東京・大阪地区でハンバーガーを3−5%ほど値上げ、逆に地方では2−3%ほど値下げを行うところもあるという。その理由としては、主力の大都市部で人件費や店舗賃料が高騰しているとのことらしい。

 ファーストフードに限らず、外食チェーンの強みはどの店舗に行っても、同じ商品・サービスを同じ料金・価格で受けられるところにあったのではないか? その慣習を打ち破って、外食産業初の地域別価格の導入である。

 人件費や店舗賃料というのは、地域での平均は確かに高騰しているだろうが、個人の勤続年数や立地条件による違いも加味するので一概に大都市が高いというのは疑問符がつく。それよりも、長中期的にみて同一価格にするメリットが薄いと考えられたのであろう。おそらく、大都市地域の店舗と地方都市の店舗と同じもしくは近い商圏にあると、高い価格で販売する店は困ることになるだろう。

 常識的には、このような値上げの発表するよりも、地域別の商品を開発して大都市圏では高級品志向と謳うものだが、価格戦略だけがプレスリリースとしてだされるのは珍しい。でも、この試み、消費者にどう受け取られるのか、正直、興味がある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本マクドナルドが地域別の価格 経営のヒント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる