アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「経営革新」のブログ記事

みんなの「経営革新」ブログ

タイトル 日 時
消費インテリジェンスに関する懇談会から
 今日の日経MJで、日本企業のブランド構築力に関するある問題が取り上げた記事がありました。発端は経済産業省の「消費インテリジェンスに関する懇談会」の報告書にありました。この報告書は経済産業省のサイトに掲載されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/01 23:18
大衆薬の価格競争が始まった
 大衆薬のネット販売が事実上の解禁となり、ネットを通じて販売する業者が参入し、近いうちに価格競争が始まるだろうと思っていました。今日の日経MJのトップ記事で現状が紹介されています。メーカー希望小売価格より2,3割安い価格で販売するネット通販業者が現れたとのことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/24 23:15
転機のポイント
転機のポイント  今日の日経MJの「再成長への挑戦」という記事で、衣料店大手のポイントの改革が紹介されていました。ポイントはバイヤーが商社から衣料品を仕入れ、生産を外部に委託するODMを強みに売上高1,000億円超の企業に成長しました。営業利益率約18%と高収益になりましたが、デザインや生産を外部に頼るODMでは競争他社との同質化を生んだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/25 22:41
生産管理領域に特異性はあるのか?
生産管理領域に特異性はあるのか?  今日は、製造業を専門にコンサルテーションを行っている方のお話を伺う機会がありました。この方は現場に入って写真にとって、プレゼンテーション時に写真を多用して説明していて、経営層にもすぐに現場がわかるような工夫をされていました。経営層の方も少しでも現場に行ってくれれば現場で何が起きているのか理解できると思うのですが、なかなか現場へ足を運ぶ人は少ないようです。ちょっと残念です。    それはともかく、生産管理の現場へコンサルタントとして入った時の苦労話を聞かせてもらいました。現場の方がよくあるの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/25 22:51
誰かが改革する?
 最近、経営改革を妨げる原因に思わぬものがあることに気がつきました。トップが経営改革を断行すれば、すぐではなくても、少しずつ問題点や課題が明らかになっていくもの。問題点や課題が見つかることは経営改革の失敗ではなく、今まで隠れていたものが表面化しただけであって、経営改革の成果だと思うのです。最近のニュースを見ていると、何か問題があったと自ら発表した企業を駄目な企業とする風潮がありますが、むしろ膿を出す過程であってよい方向に進んでいると評価してあげるべきでしょう。    問題点や課題が表面化すれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/21 22:39
経営革新時の衝突
経営革新時の衝突  今は不況のどん底にあえいでいる企業が多かろうと思います。こんな時だからこそ、経営革新のチャンス。小生も経営革新を進める機会がありましたが、どんなに効率的に進めようと思っても、必ずと言ってよいほどコンフリクト(衝突)が発生します。今日は、そのコンフリクトの原因について考えてみました。    いくつか経験している中で、体験したものとしては、    ・従来から業績がよかった部門が経営革新によって変革を求められる    → こんな時には、「うちは業績がよかったのになぜ変える必要があるのか?」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/07 22:36
新会計基準:マネジメント・アプローチ
 改めまして、明けましておめでとうございます。昨年末からの景気の悪い話題が多い世の中ですが、何とか明るくなる話題を探していこうと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/05 22:16
異質な物を残すべき
 年末にきた景気減速はあまりにショックでした。日本経済の弱点が露呈され、アメリカ型の経営を手本としてきたことがかなりの部分で否定された感じです。住む所さえ失った人たちには、一体、何が起きたのかさえも理解できないままでいる人も多かろうと思います。    アメリカで起きた金融危機は、極めて大きな影響があったのは事実ですが、日本の企業は対応力を失っており、予想以上の損害を受けてしまった感があります。これを機にアメリカ型の経営の是非を冷徹に見つめなおすことが必要でしょう。小生が気になったことをいくつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/24 22:36
中国の農村改革
 今日の日経産業新聞に、中国の四川省成都市で行われている農村改革の記事がありました。記事によると、これは中国政府が実験的に行っている取り組みで、農地使用権などの取引所を開設し、企業に農業参入の後押しをしているのです。成都市は中国の内陸部にあり、かなり貧しい部類にはいる農村ですが、今回の試みで農業の近代化を目指すことになります。    中国での今回の試みの内容は、「企業は農村財産権交易所に仲介してもらって、農家から農地や林地の使用権を得る。代わりに、企業は賃貸料を農家に支払う。」というもの。参... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/25 22:45
『日本経営品質賞とは何か』を読んで
『日本経営品質賞とは何か』を読んで  今日は『日本経営品質賞とは何か』(社会経済生産性本部:生産性出版)を読んでいました。経営品質という言葉を使う人は多いのですが、その言葉の意味をなんとくは理解していたものの、正確には理解していなかったことを認識しました。そして経営品質賞の考え方もです。    経営品質の最大の特徴は、基本的にはユーザからの視点にたち、優れた製品・サービスを提供しているかどうかを決めるところではないかと思います。その経営品質の良し悪しは、内部のメンバーが共通のフレームワークを用いてセルフアセスメントを実施するこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/15 22:30
ハチの巣レイアウトのオフィス
 今日の日本経済新聞に、ハチの巣のように六角形の机を組み合わせたオフィスが紹介されていました。思わず、これはいいなと感じました。この独特のレイアウトをしているのは、ROKIの本社ビルです。旧社名は東洋沪機製造株式会社で、今年の7月に社名を変更したばかりです。    ハチの巣レイアウトのメリットは、オフィスにコミュニケーションが生まれやすくなることがあります。通常のオフィスでは、効率が優先されるために、移動時間はできる限り短時間で他人と接触する機会が少なくなっています。ハチの巣で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/07 22:27
第4回「企業の品質経営度」調査(2008年)
 今年も日科技連から「企業の品質経営度」調査の結果が発表されてました。上位6位までは、多少の順位の入れ替えはあったものの、顔ぶれは大きくは変わりませんでした。今年の順位は、1位富士フィルムHD、2位シャープ、3位トヨタ自動車、4位大日本印刷、5位アイシン精機、6位日立製作所、7位セイコーエプソンでした。    この品質経営度とは一体、どのような意味を持っているのか疑問に思いまして、顔ぶれが変わらなかった上位6社の財務諸表をみてみたところ、    ・富士フィルムHD … 前期の経常利益大幅... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/02 22:27
生産革新はゴミ集めから
 このところ、日刊工業新聞で「NECにみる生産革新の息吹」と記事が連載されていまして、今日は3回目です。NECの各工場も生産革新運動を行っているのですが、記事を読むとその生々しさが伝わってきます。おそらく、工場の現場で働く方々には、どこを改善すればよいのか、すぐには思いつかないことがあるのではないでしょうか?そんな時、どこから手をつけるべきか参考になる話がありました。    NECワイヤレスネットワークスでは、生産革新運動を始めた時、手始めに行ったのは工場内に落ちているゴミや余った部品などを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/09 21:58
戦略立案のテクニック
戦略立案のテクニック  このところ、「新版 戦略立案のテクニック 実務で使える20のツール」(著者:長島牧人)を読んでいました。旧版も持っていますが、これほど実務で役に立つ知識を教えてくれる本は他にはないでしょう。今回、全般的に見直しが行われまして、紹介されているのは、    1.業界構造分析  2.市場成長分析  3.収益性分析  4.プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)  5.プロジェクト価値経営  6.コア・コンピタンス経営  7.市場分析  8.コンジョイント分析  9.クラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/13 19:06
地獄のセミナー旅行?
 最近、社員旅行を復活させている企業が増えましたね。一時は経費削減等により、社員旅行や運動会等のイベントを実施する企業はほとんどなくりました。時期を同じくして成果主義が取り入られたものだから、従業員は仲間ではなくライバルとして見られるようになり、コミュニケーションが減ってしまったようです。これが企業としての競争力低下を招くことになりました。    今日の日経産業新聞に、社員旅行で成果を上げている企業が紹介されていました。紹介されていたのは、山梨県を地盤とするスーパーのオギノ。オギノでは、19... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/10 22:20
150字週報で会社が変わる?
 会社をどう変えていくべきか、誰もが悩むものです。小さなことから始めようと思っても、具体的にどう取り組めばよいか。今日の日経産業新聞にそのヒントとなる記事がありました。カミソリ大手の貝印が「150字週報」という制度を導入しているとのことです。150字週報というのは、従業員約400人に対し、毎週1回、約150字程度で提案や報告させる制度のことです。    約150字の週報は、まずフィルタリング担当者へ送られます。1ヵ月に約2,000通になりますが、その中から優れたものを約60通選び、週報委員会... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/09 22:34
KPIの評価基準も明確にすること
 今日は洞爺湖サミットで最も主要なテーマである温暖化対策が話し合われました。その結果なのですが、新聞各紙によると、    ・2050年までに温室効果ガスの排出量を半減させる長期目標については「世界全体の目標として採用を求める」ことで合意  → これはそれなりに評価  ・CO2削減のため「野心的な中期の国別総量目標」を設定することで一致  → これは評価  ・長期、中期の目標とも実質的な議論には踏み込めない  → これは評価できず  ・世界の排出増をゼロにするピークアウトの時期につ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/08 22:18
REACH規制への対応は?
 今日から洞爺湖でサミットが行われます。その記念なのか、ライトダウンやCOOL BIZのイベントが各地で行われているようです。今回のサミットの主要課題の一つに温暖化対策がありますので、これをきっかけに温暖化対策の根本的な道筋がつくのなら、すばらしいことでしょう。ただ、小生が思うに日本政府が継続的に取り組んでくれない恐れがあります。経営者としては、くれぐれも補助金などを当てにしてビジネスを始めないことでしょう。    今日の新聞は、サミットのためか環境問題が多数取り上げられていました。一つ、目... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/07 22:34
お好み焼き屋の人材育成術
 今週のカンブリア宮殿には、お好み焼き屋のチェーン店「千房」社長の中井政嗣さんが登場しました。実にわかりやすい話し方をされる方で、その人柄でそのまま社長をやっているのだろうなという印象を受けました。大阪の名物はもともと”お好み焼き”ですが、その中でも千房のお好み焼きは、行列ができるほどの人気店です。今や全国58ヵ所、年間300万人が集まる場所です。    千房の特長は、なんと言ってもその人材のようです。採用時には、学歴、成績、身分保証は一切問わないとのことで、荒れた学生でも好んで採用していた... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/07/06 19:17
革新モノづくり
 今日の日刊工業新聞にリョービの広島東工場で行っている生産改革の記事がありました。記事によると、「セル生産方式」を廃止し、「組立工程をライン化」したとのことです。これにより、生産リードタイムが従来より1週間程度短縮し、受注後30日以内に出荷が可能になったとか。    記事によると、新生産方式では、組立工程の上流ではライン側に部品棚を配置し、作業者はコンピュータの指示に従って自ら必要な部品を収集する。そして製品を組み立てて次の工程に渡す。その下流工程では、セル生産方式をやめて、ライン化を図った... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/03 21:38
日産追浜工場の改革
 今日から何もかもが一斉値上げになりました。賃金が増えない状況で、値上げするとマーケットが変化を起こしそうな気がします。今日のNHKニュースでも、定食屋の値上がりに嫌気してお弁当を持ってくるサラリーマンが急増していると報じていました。原材料の値上げを価格に転嫁しただけかもしれませんが、それで売上がダウンしてしまっては何の意味もありません。ここはなんとかコストダウンを模索する必要があるでしょう。    今日の日経産業新聞に日産の追浜工場の改革の取り組みについて記事がありました。追浜工場では、キ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/01 22:57
日本の経営者は改革好き?
 IBMビジネスコンサルティングサービス(IBCS)が、世界の主要企業のCEOに行った調査結果「IBM Global CEO Study 2008」を発表しました。今回の結果を見ると、ちょいとあっけにとられました。『経営改革は当たり前のものであり、2.5年おきに抜本的改革が必要である』との意識改革が起きていたのです。2.5年おきに抜本的改革をやるのは「改善の繰り返し」、もしくは「カイゼンの積み重ね」にはならないのでしょうか?    よくコンサルタントが使う言葉に「あるべき姿を思い描き、それへ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/19 22:59
ITベンダーが指摘するユーザ側の問題点
 今度の日経コンピュータに「ITベンダーの現場担当者が指摘する御社の発注、3つの大問題」の記事を読まれましたでしょうか? 最近、「動かないコンピュータ」などと言う記事が結構話題になっていますが、せっかくの経営革新のため、IT化をITベンダーに依頼しても、ほとんどシステムが稼動しないままになっているケースが多くなっています。小生もいくつかこのような体験をしています。    この記事にはその状況が実にうまくまとめらています。どこでもありがちな原因なのですが、代表的なものを挙げると    ・要... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/13 22:57
会議は立ってするもの
 最近、円高や原油高などで何でもが値上がりして、企業に大きな負担を強いている。これまでに多くの企業努力を積み重ねてきた方も多いことだろうと思うが、もう削れるコストはないものだろうか? 今日の日経産業新聞にキヤノン電子の取り組みが紹介されていました。キヤノン電子では、会議は役員でも立って行うそうだ。    会社の中で「会議」ほどムダが発生しやすいものはない。多くのメンバーを集めて、冗談でも口にするものなら、時間×参加者分の工数がムダになるからだ。会議を有意義なものにするためには、参加者全員が次... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/14 22:26
人口減少時代の成長戦略
 今日の日本経済新聞に久しぶりに経営共創基盤の冨山和彦CEOの記事が出ていました。このところの日本が少子化と長寿化により生産年齢人口の減少に拍車がかかり、日本経済が長期的には衰退するのはさけられない中、成長に向けて何をなすべきか、冨山氏の考えが示されていました。    冨山氏曰く「貿易立国という言葉は二十世紀の遺物。資本市場も労働市場もこれだけ国際化したのだから、…(中略)…、その企業にとって海外で作るのが有利なら止められない」とおっしゃっています。これは、もはやグローバル化が進んだのだから... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/12 22:54
食は安全だけでは駄目?
 今週のカンブリア宮殿には、有機野菜の宅配事業を手掛ける藤田和芳社長が登場しました。食の安全が叫ばれる中、株式会社大地は、安全な食の宅配事業を手掛けています。農家と契約し、有機栽培、もしくは農薬の使用量を平均の半分以下に抑えて育成した野菜のみを宅配するサービスを行っています。農薬の使用量に関しては、厳しいチェックを行っているようで、抜き打ち監査を行って、農薬の使用状況を厳しくチェックしています。    有機野菜と言えば、聞こえはよく、かつ高いという印象があります。高級品であることは間違いあり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/10 20:38
TPSをホワイトカラーへ導入して現場改革
 昨日、今日の日刊工業新聞に、「富士通に見る 現場改革」という記事がありました。トヨタ生産方式(TPS)をグループ内2万人のホワイトカラーに広げる改革を試行中とのことで、その取り組みが紹介されていました。TPSは、工場等の生産現場では大きな成果を挙げていますが、はたして営業やSEなどにも適用できるものでしょうか?    記事によると富士通では、自律改善運動に取り組んでいます。これはチーム(10人前後)に分けて、まずは「見える化」に取り組むものです。これは毎日10分程度のミーティングを開き、当... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/09 22:42

トップへ | みんなの「経営革新」ブログ

経営のヒント 経営革新のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる