経営のヒント

アクセスカウンタ

zoom RSS 楽しませる工夫と安さはどちらを選ぶ?

<<   作成日時 : 2013/06/26 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日の日経MJの招客招福の法則はカナダで繁盛している日本料理店の話でした。あまり人口密度が高くもない、しかも冬にはかなり冷え込むような場所で、店外に行列ができるほどの人気ぶり。はたしてその秘訣は何か?

 結論から言うと、その秘訣はオーナーが来店客を楽しませる工夫をしていることらしい。例えば小さなお子さんのいる家族が来店した場合にはチョコレートをさまざまな演出を施してプレゼントする。そんなことをやるための専任スタッフすら抱えているという。

 お値打ちなのは大事だが、自店を選んでもらうには”より安くすること”ではなく、”より楽しませること”が必要だという。楽しませるためには、多少の経費がかかってもしょうがないと考えている様子だ。

 はたしてこの考えは日本で通用するのだろうか? 日本でやったら飽きられてしまうのでは? ただ、これは簡単にまねできるものではない。本来なら、料理を通じて楽しませる努力には惜しみなく注がれるはずだが、それを外れたところでの惜しみなくとはいかない。これが差別化の要因になっているようなのだ。こんな考えもあるんだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
楽しませる工夫と安さはどちらを選ぶ? 経営のヒント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる